Dolly360メイン画像

Dolly360はドローンの苦手とする狭い場所での移動や
躯体のコントロールが難しいスロースピードでも安定してブレなく撮影できる
ラジオコントロール撮影ドリーです。
人間の目線の高さや歩くスピードに調整することで没入感を加速させ、
まるであなたがそこにいるかのような強烈な体験を実現します。

シャシー

  • 全長(約)
    550mm
  • 全幅(約)
    420mm
  • 全高(約)
    700mm
  • ホイールベース(約)
    360mm
  • 重量(約)
    6.0キロ
    *バッテリー、ウェイト、カメラ等を含まず
    *追加ウェイトは1キロ x 5枚(計5キロ)まで搭載可能
  • タイヤサイズ(約)
    155mm(径) x 70.5mm(幅)
  • ギア比
    73.94:1
  • モーター
    Team Orion Neon 8BL KV2100 ブラシレスモーター
  • ESC
    Team Orion Vortex R8 130A
  • 送信機
    Kyosho KT-231P 2.4GHz
  • 受信機
    Kyosho KR-331
  • ステアリングサーボ
    Kyosho KS-5031-09MW
  • バッテリー
    ニッケル水素 7.2V 3700MAH
  • 最高速度(約)
    時速6キロ
  • 走行時間(約)
    25分 (ニッケル水素 3700MAH使用時)
    *条件により異なります
  • 駆動方式
    フロントワンウェイユニット付四輪駆動システム
    *前進時は四輪駆動、後進時は二輪駆動
  • ステアリング
    4WS
  • その他
    前後デフギア装備
    全ての回転軸にボールベアリングを装備(計24個)

価格

500,000円(税別)

カメラ安定装置

  • カメラ安定装置(水平方向)
    ジンバル式(オイルショックアブソーバー x 4本)
  • カメラ安定装置(上下方向)
    テレスコピック式(オイルショックアブソーバー x 1本)
  • カメラマウントネジ
    1/4-20UNC x 4.5mm
  • 搭載可能カメラ最大重量
    1キロ (追加ウェイト5キロ使用時)
    *高さ1.6mの位置に搭載した場合
    *使用するモノポッドの重量により異なります
  • FPVカメラマウントネジ
    1/4-20UNC x 4.5mm
  • その他
    ジンバル部にボールベアリング6個装備
  • *カメラが十分に安定することを確認した上で使用してください。
  • *急旋回や傾斜地などで横転する場合が考えられます。現場での確認を十分に行ってください。
  • *本製品使用によるカメラの損傷・故障等に対する一切の責任は全て使用者にあり、弊社および製造メーカーはその責任を負いません。

はじまりはいつも思いつきのようなもの。
時代とニーズが合った時、それは社会に熱狂的に受け入れられるはず。

Dolly360を購入

オプション
支払い方法

開発者

出会い

私と京商社との出会いは10年以上昔に遡ります。
当時、京商が売り出した全く新しいコンセプトのRCシリーズMini-ZのWebプロモーションの相談を頂いて以来のご縁になります。 いち早くオフィシャルのMini-Z専用のSNSの立ち上げや、2007年にはレースのライブ中継を行うなど、先進的な試みを一緒にしてきました。その後、京商が手がけたドローンシリーズでのプロモーションに関わるなど良好な関係を築いてきました。

VR事業の開始

キッズプレートでは2013年からVR事業(BtoB)を本格的に始動させました。 当時の課題は高価なHMDを必要とするプロモーションではなく、VRをもっと手軽に利用できないかというものでした。そこで月額契約でスマホでも簡単にVRをプロモーションに活用できるようにルクルクを開発しました。 また、VRの没入感をいかに高めるかを追求する中で、360度撮影ではカメラマンが写り込んでしまう問題があり、これを解決するにはどうすれば良いか常に考えていました。

偶然という必然

2014年ごろから、VRの可能性についてお話しする機会が何度かありましたが、2016年には折からのドローンブームと規制に直面したことと、これからのRCの可能性について具体的に話し合う機会がありました。ルクルクの開発の中でRCとVRの可能性のひとつとして、無人でVRの撮影ができる機械を作りたいとかねてから温めていたアイデアと50年にも渡るラジオコントロールモデル開発をしてきた技術的な優位性として京商の強みを最大限に活かされるのではないかということで共同研究が始まりました。

これからの展望

360°動画、VR MOVIEの世界はまだ撮影方法も、演出方法も、何もかもが手探り、手作りの状態です。キッズプレートは、これらの世界の可能性、今後の展開について多くのアイデア、ビジョンを持っています。 現在直面しているVR動画の制作現場で起こっている様々な問題や、もっとこうしたいというニーズに即したプロダクトの開発と提供ができるように、また、これらの機材を心待ちにしている世界中の方にお届けできるようになっていこうと考えています。
まず実現させるのは、Dolly360の、高速安定したバージョンの作成。これによって、スピード感のある360°映像を撮影することが可能になります。また、自動追尾装置をつけることによって、各種案内などのガイド役が説明しながら歩く動画など、自動的に撮影できるようにもします。
さらに、リアルワールドと、バーチャルワールドの撮影を一元管理して新しい映像体験を作り出す方法についても着手しています。 こちらは早ければ2016 年内、遅くとも年明けにはデモバージョンをご覧いただけます。